お金がいる

申込時に既に付帯している

クレジットカードのキャッシング昨日ですが、実は申し込みの時にすでに同時に申込をしていたことに気づきませんか?

 

他社からの借り入れが何件あっていくらあるというものを記入する項目があったと思います。それがキャッシングの申込なのです。

 

後かカード会社それぞれの申込様式にもよりますが、ETCの申込や家族カードの申込と同じ欄にキャッシングを利用する、という項目があるはずです。それを利用してあなたはキャッシングを既に申込んでいるのです。

 

ですからカードが届いたときにはショッピングだけではなく、キャッシングも同時に出来る1枚となっているわけです。これは非常に便利ですね。あなたは知らないうちにキャッシングを申込んでいたのです。

 

クレジットカードはあくまでショッピング目的で作る方がメインでしょう。でもそこにキャッシングの機能をつけておけば、急にお金がいるシチュエーションにも素早く対応出来るのです。

 

これが一番いい点ではないでしょうか?利用した代金はクレジットカードと一緒に返済していけばいいのですし、なんといっても必要以上にカードが増えなくていいのです。

 

しかも便利なお財布代わりとしてあなたを助けてくれるのが、このクレジットカードのキャシング機能でしょう。

 

まずは自分のクレジットカードにつけたっけ?と忘れてしまった場合はセンターに問い合わせてみましょう。クレジットカードのキャッシング機能は今は付帯サービスのひとつとして既に備わっているものなのです。