お金がいる

スライド式リボルビング払いとは

今度は返済方法で各社が採用しているスライド式リボルビング払いについて見ていきましょう。このスライド式リボルビング方式とは、返済額が毎月変わります。例えば1ヶ月に50万から100万使ってなら返済額は25000円といったように、毎月の返済額が閉め日ごとに設定されるのです。

 

もちろん融資金が増えれば、それにスライドして料金も上がるのです。しかもリボルビング払いには手数料が発生します。それに付随して、金利なども加算され、返済までの時間が長くなるのです。返済に困っている人はこの利息や手数料にばかり追われて元本までたどり着かないのです。

 

だから身の丈にあった金額を借りましょうといっているのです。特にカードローンなどではその金額が高額あるがゆえ、返済金も毎月の金額はかなり大きなものとなるでしょう。その反面、借入金が小額であれば金利や手数料も余りかかってこずに返済までスムーズに終わるのです。

 

これがスライド式リボルビング払いのメリットとデメリットです。お金がいるからといって、これを知らないでどんどん借りてしまうと、後で大きな金額が返済額として計上されてきますので要注意です。何事も程々が一番。

 

借りすぎにはくれぐれも気をつけてください。そのときの用事が終わったら残った分だけでも返済に充てたり出来るのです。そうすれば、この支払金もかなり軽減するでしょう。スライド式リボルビング払いのこと、分かっていただけましたでしょうか?これもよく頭に入れておいたほうがいいと思います。