お金がいる

総量規制とは

総量規制とは、2010年に改定された貸金法により制定された規制のひとつであります。これは、消費者金融やクレジット会社、その個人に対する貸付額が個人総収入の3分の1を超えない範囲でしか融資が出来ないということです。

 

この総量規制が制定されるまでは消費者金融は個人に対した額の融資を受け付けていましたが、この総量規制により多額の貸付が出来ないため、いわゆる貸し倒れという現象が起きました。

 

この貸し倒れとは、個人に貸付をしすぎてしまった分、消費者金融各社は債権を回収する事が出来なくなることとをさします。この結果、多くの消費者金融、特に小さな金融会社は倒産していきました。

 

一方で、大手は素早くこの総量規制に対応したので今でも生き残っているのです。一方で、その総量規制に該当しないケースもあるのです。それが、カードローンなどに見られる総量規制対象外商品です。

 

これがなぜ総量規制に当てはまらないかといいますと、銀行が母体となる個人への貸付は、総量規制の対象ではないとその規正法で謳っているのです。それで今はカードローンに注目が集まっているのです。

 

この総量規制のおかげで、消費者金融からたくさんお金を借りなくても済むようになり、いわゆる借り倒れも防ぐ事が出来るようになったのです。これなら安心してキャッシングの申込もできますよね。

 

これが総量規制といわれる新しい規制のないようです。これを知っているだけでも金融商品に対する意識が変わると思いますよ。