お金がいる

収入証明とは

カードローンや消費者金などでも、時によっては提出しなければならないのがこの収入証明です。これはいったいどのようなものなのでしょうか?働いている人なら必ず収入があります。これは市町村にもそのデータが残っています。

 

それを証明書として交付できるようにしたのが収入証明です。この収入証明により、その人の年間の総収入通いに分かりますので、消費者金融にしろ、カードローン会社にしろ、判定材料として大いに役に立つのです。

 

これが提出できないケースもあります。例えばアルバイトの場合だと、企業側がきちんと提出していない場合がありますので、収入証明を取るのは難しいでしょう。また年金生活者などはこの収入証明を取ることは出来ません。

 

では何を代替にするのでしょうか?年金証書が代替となるのです。話を戻して、収入証明はあなたの収入が丸裸になってしまうものです。取り扱いには注意しましょう。簡単に交付される分、そのリスクも高いものとなるのです。

 

このように、ある一定額以上の大口融資を希望する場合には必ずこの収入証明が必要となってきます。あなたの収入を証明する大事な書類ですので予め持っていてもいいでしょう。

 

収入証明はあまり活用する場面は少ないと思いますが、持っているだけでも信用度は高くなりますので必要に応じて役所などで交付しておくといいでしょう。あなたがもし大口融資を希望しているのなら、この収入証明をきちんと持っていてくださいね。