お金がいる

友人に借りる方法は古い

今は前述のように簡単にキャッシング出来る時代です。昔はそういった簡素化されたシステムや審査なども無かったのでキャッシングというと時間のかかるもの、という認識が強かったと思います。

 

そのため急なときは友人に頭を下げて借りることも多かったのではないでしょうか?でも友人に借りるってなんとなく古い感じがしませんか?

 

わざわざ借りるために借用書を書いたりするのはなんだかちょっと屈辱的ですよね。それに返す期限が決まっていても結局用立てられなくてはお金は返せないのです。

 

その友人が気前がよくていつでもいいといってくれても、借りている本人としてはあまり気持ちがいいものではありませんよね。そんなときこそこのキャッシングが役に立つのです。

 

もう友人を頼らなくてもすぐに用立ててくれるのがキャッシングのいいところなのです。キャッシングを行っている会社は実にたくさんあります。

 

あなたはどこから借りようか、はたまたクレジットカードのキャッシング機能を利用しようかそれをよく吟味すればいいのです。

 

ただし、後にも触れますがクレジットカードや消費者金融には総量規制というものがかかってきますので、そこだけは頭に入れておきましょう。

 

このように、友人からお金を借りて用立てる時代はもう古いのです。1000円くらいなら借りてもいいかもしれませんが、大きなお金となると友人もびっくりしてしまいますよね。

 

友人との間もギクシャクしたものになってしまいます。